看護師が行うトータルボディケア

お知らせ

車いすで体を壊さない方法

車いすは便利な道具ですが、ほとんどの方が知らないうちに脳と体を壊していることをご存じですか?

車いすを利用されている方にぜひ知っていただきたいことがあります。

 

 

市販されているほとんどの車いすは折りたたみ可能のもので、座面がナイロンなどのやわらかい素材です。

座ると座面がたわみます。

座面がU字型になると足の付け根の外側が中央へ寄せられる形に包まれたようになってしまいます。

おしりがきついので、足を組むようになる方も多く、骨盤や脊柱が歪んでしまいます。

 

 

また、足が体の中央へ寄せられるので、膝がクロスしてしまい、歩きに支障をきたします。

また、座面がしっかり重さをささえてくれないと力が入れにくくなり、「筋力がなくなったからできない」と思ってあきらめてしまいます。

 

 

一般的な車いすはあくまでも「移動」のためのツールです。

「移動」以外は椅子やソファで過ごすと、乗り降りで体を使うチャンスができます。

(もちろん、椅子やソファの座面も重要ですが・・・)

ただし、この  乗り降り=立つ・座る  のやり方も脳と体を壊すものがあるので注意が必要ですangry

 

 

とはいっても車いすで過ごしたい、過ごさなければならない場合もあるでしょう。

そこで、車いすにひと手間かけて、デメリットを減らしましょう!

 

   

座面のシートをめくって、板を敷きます。

板の両端は金属部に載る大きさにしましょう。

 

    

その上にシートをかぶせればできあがりです!

シートがない場合はうすい座布団などを敷きましょう。

もちろん、座布団はやわらかすぎたり、厚すぎてはいけません。

 

板はサイズを測ってホームセンターなどで、切ってもらえば簡単です。

板の厚さの分、座面が高くなるので注意しましょう。

 

もし身近に車いすを使っている方がいたら、ぜひお知らせしてくださいね!smiley

 

 

 

 

 

 

 

 

私があなたのお宅に訪問します!

阿部 香 (アベ カヲリ)
看護師
YMCメディカルトレーナーズスクール認定
ボディトレーナー(整体師)
スポーツトレーナー
天使のつめきり・メディカルフットケアスクール
プロ養成コース・巻き爪矯正コース修了
B/S SPANGE 取扱登録者
日本トータルフットマネジメント協会会員
090-9378-9631
訪問可能時間
9:00~18:00
訪問可能地域
横浜市・町田市・大和市・座間市・相模原市(訪問できない地域もございます)
上記以外の方もご相談ください